読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aruto's diary

Since 2003

VLC Media Player 最新版から「フォントキャッシュの再構築」が不要になってた


Mac 環境では QuickTime で再生できないファイルも扱える頼りになるプレイヤーであり、最近は Windows 環境でも対応フォーマットの広さから定番の一つになっていたオープンソースのメディアプレイヤー VLC Media Player ですが、最大の欠点は、起動時に「フォントキャッシュの再構築中……」と称して長時間待たされることでした。「1分以内に完了します」と表示されるのですが、環境により5分以上待たされる事もあり、かなりのストレスになっていました。
「一度キャッシュを構築してしまえば、もう待たされる事はない」はずだったのですが、プレイヤーのバージョンアップの際に再構築が必要になったり、それ以外にもふとしたはずみでキャッシュが破損して再構築が必要になったりで、とにかく困ったヤツでした。
そんな嫌われ者のフォントキャッシュ君ですが、どうも VLC 1.1.10 で作成不要になったみたいです。試しに VLC 1.1.11 をインストールしてみたのですが、起動時に「フォントキャッシュの再構築」ウィンドウは表示されませんでした。やったね!!
そのかわり、インストール時に「cache-gen.exe」というプロセスが起動して、ちょっと待たされます。これが”フォントキャッシュの再構築”と同じようなことをやってるのかもしれませんが、待たされる時間ははるかに短くなっており、大したストレスではありません(と言っても数十秒は待たされます)。
というわけで「フォントキャッシュの再構築」にイライラさせられている人は、最新版への更新をお勧めします。
http://www.videolan.org/vlc/