aruto's diary

Since 2003

twitterクライアント「Memoria.tw」リリース

バージョンアップを繰り返し、いつの間にかそこそこ多機能・けっこう高性能になってたTwitterクライアントです。
特徴は

  • 100% Pure Java で、OSを選ばず使えます。Windows / Mac OS X で動作確認済み。
  • 自動的にログを取れます。特別な作業は必要ありません ( 不要なら停止できます )。
  • Twitter Webから「公式RTを受信しない」ように設定したユーザの公式RTは、クライアントでも表示しません。
  • リアルタイムに「新着フォロー」「ふぁぼられ」などを通知します(STREAMタブ)。 ※UserStream 廃止につき通知もなくなりました
  • あるていど古い発言も取得できます(800件まで/ユーザ別に3200件まで)。タイムラインの読み逃しを防げます。
  • 141 文字以上の投稿も、省略されずに表示できます ( Ver 1.30 以上 )
  • 非公式RTを非表示にできます。
  • たくさんタブを開いても、APIを消費しません。
  • CPU使用率が低く(0〜3%程度, Core Duoの場合)、たくさんログを取得してもメモリ使用量が増えません。

バージョンアップ履歴はこちらをご覧ください(ページ分割しました)

  • ダウンロード

※jarは実行ファイルです。このままダブルクリックで実行してください。Java のインストールが必要です
最新版 : http://aruto.info/files/memoria150.jar
1つ前 : http://aruto.info/files/memoria140.jar
2つ前 : http://aruto.info/files/memoria130beta.jar

  • Twitter API仕様について

質問の前に、こちらをご覧ください。
http://twitter.pbworks.com/w/page/1779723/API-Docs
http://watcher.moe-nifty.com/memo/docs/twitterAPI.txt (日本語訳)

  • リプライがきても、もう迷わない!

タイムラインを右クリックするだけで、リプライをたどって表示!

※取得済みのログから自動的に検索して表示します。参照先が未取得の場合や、in_reply_toがセットされていない場合は、リプライをたどれません。

  • まだ、不具合が残っています

バージョンがすすんで改良されましたが、まだ不具合が残っています。不具合の原因を特定するため、おかしな動作をした場合は、その再現方法がわかればご報告ください。

twitterクライアント「堕天使(ルシファー)の讃来歌(オラトリオ)」できたよー


http://twitter.com/wooser/status/14072558688
……というわけで、twitterクライアント「堕天使の讃来歌」ができました。よく間違えられますが、「堕天使の讃歌」ではありません。
"memoria"から名前を変えただけ……のはずが、いろいろと中二病な機能が追加されつつあります(まともなクライアントが使いたい方は、memoriaをご利用ください

このクライアントからpostすると「via 堕天使の讃来歌」と表示されるので、中学2年生っぽい気分にひたれます。多分。

  • ダウンロード

※jarは実行ファイルです。このままダブルクリックで実行してください。Java 6が必要です。
Mac OS X 10.7 (Lion) ユーザは、Java for Mac OS X Lion をインストールしてください。
最新版 : http://aruto.info/files/lucifer120.jar
1つ前 : http://aruto.info/files/lucifer112.jar
※実行ファイルなので、そのままダブルクリックで実行してください。
念のため追記:動作環境は Java 1.6 (Pure Javaです)。Windows XP/Vista/7、Mac OS X 10.5( 64bit Intel ) / Mac OS X 10.6 ( 32bit Intel / 64bit Intel )です。Linux(CentOS 5.5)でも動作を確認しましたが、アイコンが表示されないようです。
まじめな話:ログ取りができる(タイムラインをCSVに自動保存する)ので、ログを再利用したい人には便利です。
Tweenみたいな表示が好きな方は、メニューの「表示間隔を狭くする」を何度かクリックすると、こんな感じになります(「広くする」をクリックで戻ります)

0.7の変更点

  • (memoriaと同様のものは省略)
  • 中二病検出機能

中二病っぽいpostを強調表示します。

  • LT (LuTweet / Lucifer Tweet)機能

つぶやきを暗黒微笑します。リツイートではなく、ルツイートと呼んであげてください。

Ver0.8

  • (memoriaと同様のものは省略)
  • "堕天使の讃来歌"のみの変更点
    • 中二病判別データベースを更新
    • 中二病postの表示を変更
    • 同士(同じクライアントを使っている人)の背景色がすこし変わります。

Ver 0.9以上の変更点は、すべて memoria と同様です。

Memoria.tw 0.6 から 0.9 までのバージョンアップ履歴

こちらの記事に分けました。

Memoria 0.6
・OAuthに対応しました。0.6以前のバージョンは、6月末で使えなくなります。
・ログの保存形式をCSVにしました。保存する項目も大幅に増えました(まだ調整中です)。
・誤送信防止のため、Enterで送信する機能を廃止しました(Tabで送信ボタンにフォーカスを移したあと、Enterで送信できます)。
・アプリケーション名を変更しました(twitterの規約により)
・送信エラー時に、再送信できるようになりました。
・動作の安定性が向上しました。
・機能を整理しました。
公式RTできるようになりました(鍵つきアカウントは公式/非公式ともにRTできません)。表示はまだできません。
・右クリックで、取得済みのログからリプライの流れを追えるようになりました

0.7の変更点

  • bit.lyでURLを短縮

postにURLを貼りつけるときに、URLを短縮化することができます。メニューの[ファイル]→[bit.lyでURLを短縮]を選択後、URLを入力してください。

  • タイムライン描画の修正 ("堕天使の讃来歌"はファーストリリースの0.61で修正済みです)

Ver0.8

  • 機能追加等
    • プレビューエリアのサイズが変更できるようになりました。
    • 右クリックでpostを削除できるようになりました
    • 暫定的に「ログを出力しない」モードをつけました

(いまのところ「わかる人向け」です。設定ファイルに「 outputlog=false 」と記述して下さい)

  • 修正
    • 再送信関連の不具合を修正
    • タイムラインの改行の修正
    • 時刻がおかしくなる問題の修正
    • 送信時にアイコンが表示されるようになりました。
    • 処理速度がほんの少し高速化されています。

Ver0.9

    • タブ機能(いわゆる「抽出タブ」。新着だけでなく、過去ログ検索もできます)
    • ログ保存の切り替え(画面から設定できます)
    • 麺類大陸モード(タイムラインを表示しません)

    • 高速化、ステータスバーをコンパクト化、表記修正など