読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aruto's diary

Since 2003

ベジタブルスライサーを導入したら、コンビニサラダを買う必要がなくなった

「もっと野菜を食べるべきだ」とよく言いますが、コンビニのサラダって結構割高で、せいぜい 100 グラムくらいしか入ってないのに 200 〜 300 円くらいします。スーパーで売ってる袋入りのキャベツカットは安いのですが、それでも 100 グラムで 100 円くらいします。
キャベツ 1 玉は 150 〜 200 円くらいで買えて、約 1kg ほどあります。つまりキャベツを買って自分でサラダにすれば、1kg のサラダが 150 〜 200 円程度で食べられるのです。
ところが、自分でキャベツをカットしてサラダにしようとすると、これがなかなか難しい。素人が作ったキャベツの千切りはなんだか妙に太かったりで、市販のサラダと比べると、かなり味が落ちます。
とんかつ屋さんで出てくるような、ふわふわのキャベツの千切りを作るのは素人には厳しい。少なくとも自分にはちょっと無理です。
というわけで、これを買ってみました。「イワタニ 電動ベジタブルスライサー あっとスライス通 IFP-60A」です。

キャベツを切るのがメインですが、それ以外にも色々使えます。たまねぎ・にんじん・ごぼう・じゃがいも等。じゃがいもの薄切りができるので、たぶん自家製ポテトチップスも作れるはずです。ポテトチップスを自作するときの一番の壁が「じゃがいもを薄切りする」事なんですが、それもやってくれます。山芋のすりおろしや、大根おろしにも使えます。あれは結構手でやるのがしんどい……。
そんな感じで意外と汎用性が高いのですが、今はキャベツ専用でしか使ってません。とりあえずそれで必要十分なので。

こんな感じのキャベツサラダが作れます。市販のキャベツサラダと遜色ないです(わずかに太いキャベツが混ざりますが、あんまり気になりません)。
難点そのいち。投入口のサイズがあまり大きくないので、スライサーに入れる前にキャベツを 1/4 〜 1/8 くらいのサイズにカットする必要があります。まあ大した難点ではありません。
難点そのに。片付けが少々面倒です。野菜のくずがあちこちに付着するので、使用後は分解して水洗いする必要がります。
キャベツをカットするのにかかる時間は、1/4 玉の場合、掃除時間も含めて 10 〜 15 分程度でしょうか。
しかし、おいしいサラダが安く食べられるメリットに比べれば、そんなのは些細な問題です。100グラムのサラダなら、せいぜい 15 〜 20 円程度食べられるわけですし。たまねぎやニンジンを混ぜてみたり、色々試してみたいところ。これからの食生活が変わるかも……。