読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aruto's diary

Since 2003

コミックシルフがどこにも売ってない!

創刊号から買ってきたんですが、Vol.6がどこにも売ってませんよ。。。本屋何件も回ったのに。アニメイトでは、わざわざ「コミックシルフ 売り切れました」の張り紙がしてありましたよ。あまりに売ってないから、「ひょっとして判型が変わったから見つけられないだけ?」と思って別のコーナーも見たりしましたがもちろんありませんでしたよ。
気がついたら今まで取り扱いがなかったAmazonが扱ってて、価格3800円だそうな。て、転売屋……足下見てるなあ……。
ところでなんでこんなに急に売れ始めたんですかね。全然理由がわかんないんですが。付録にCD(と小冊子)がついてるから?単行本がもうすぐ出るから?うーむ。どっちも理由としては弱いなあ。。。
ヤフオクで検索してみたら、付録の「咎狗の血」下敷きに1600円の入札がついてた。えー、これですか!?下敷きが本誌の3倍の価格とか考えられないなあ。ちなみに本誌は2500円の入札がついてますが、まだ上がりそうです。なんてこった。
こうなったら本屋をかたっぱしから電話&取り置きの絨毯爆撃作戦しかないかな。。。ジャンプスクエアみたく増刷されればいいんですけどね。SQほど売れないと思うから望みは薄そうだし(というか、ほぼオタクしか読まない類の雑誌ですよねー)。
ここで買えなかったらVol.7も買うのやめちゃいそうだ。。。雑誌って1回買いのがしちゃったら、次からも、もう別にいいやって感じで欲しくなくなりますしねえ。。。
ちなみに今日は、Amazonマーケットプレイスで4980円の値段がついてた絵の資料を2500円(定価)でゲットですよ。嬉しい。
なんか、楽天BOOKSで売り上げ2位だったらしいですよ。。。こんなマイナー雑誌が2位とかありえない。すごいけどそれだけ急激に売り切れたって事か……。
そういえば、発行部数70000部ですってよ。公称。白泉社花とゆめの姉妹誌「メロディ」が10万部だから、もうすでにマイナーではない!?(公称部数の信頼性はおいといて)
(追記:「神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜」の小冊子目当ての人が多いみたいです。しかし、これ目当てに買った人たちは本誌を読むのだろうか?少なくとも次号は買わなさそう。そういや公式サイトに、この事態について何の説明もされてないですねー。これは何らかの対応を期待するほうが間違っているかも。)